読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こんな私の国際結婚

ギリッギリのギリホリから始まり、ママになったトロント生活

なぜトロントに?

どうも、わたしです(誰?)

ほぼ月一更新な状態になってますね(´Д⊂
とんだズボラ野郎ですわ、ほんと。


気を取り直して
前回の日記で出産したことを書きました!
が、今日はトロントにワーホリに来たきっかけを書こうと思います。順番的にね(誰が気にするの?)


私がトロントに来たのは2015年。
その前年に離婚が成立して
(全てが終わるまで実に丸一年ほどかかりました…思い出すだけでもグッタリ(¯―¯٥))
しばらくは離婚出来たー!!やっと終わったー!!
という喜びから、ほぼ毎晩の様に仕事仲間や友達やらと飲み歩いておりました(そして体重がとんでもないことになってました…余談ですが)

そんな酒浸りで楽しく過ごしてた時に、仕事仲間が定期的に行ってるライブに遊びに行き、そこに参加していた数人の外国人の方と接する機会がありました。
実は私、父親がアメリカやインドネシア、オーストラリアなど海外へ長期単身赴任してた為、時々遊びに行く機会がありその時にいつも思ってたのは、

<<話していることは理解できるけど、返事ができない>>

という事。
まぁ、日本人あるあるですよね。
中には英語の文章は浮かぶものの、話す度胸がないから適当に笑ってごまかすって人もいるでしょうけど
私の場合、


文章すら浮かばない!


知ってる単語すら数える程度!


いかに英語(だけじゃないけど 汗)の授業をサボってきたかがわかりますね。

そんな奴が外国人の方と接する機会があったって、変な汗かきながらヘラヘラ笑うしか出来ないんですよ!(泣)
そして思い立ちました。


ワーホリに行っちゃえば良くね?


以前、父親の滞在地へ遊びに行った時に(その時はオーストラリアだったかな?)
お土産物屋さんで日本人女性がワーホリで働いてると聞いて、最初はワーホリってなんぞや?と思っていたのですが
ふとその時のことを思い出しワーホリについて調べて行くことを決意しました。

なぜトロントにしたのか?
理由は物凄くシンプル。

人気の高いオーストラリアの英語は訛りが強すぎると感じていたこと
(自慢になってしまいますが、何故だか発音だけはいつも成績が良かったのです。なのでそこは、そこだけは残しておきたかった)


そして何よりの理由は


ナイアガラの滝を見たかったから(๑•̀ㅁ•́๑)✧


はい、とてもシンプルでしたね 笑
そんな感じで行き先を決めた私。

まさかそこから出産に至るとは……
世の中何が起こるか全くわかりませんね(*´∀`)ノンキー